*

家庭用ウォーターサーバーを購入するとき注意する5つのポイント!

   

111

私もウォーターサーバーを導入した一人ですから、この家庭用ウォーターサーバーを購入するときに注意すべき5つのポイントはこのサイトでウォーターサーバーを紹介する点でも非常に気にしているポイントです。この5つのポイントはトップページで示しているポイントと全く同じものなので、トップページから参考にしていただいても良いようになっています。

家庭用ウォーターサーバーの購入を検討するときの要望

私が家庭用ウォーターサーバーの購入を検討しているとき、どのようなウォーターサーバーがいいかなぁと、機能も価格も含めて考えてみたときの要望は次の5点でした。

チェック水だけではなく、電気代も含めて月々の費用を抑えたい

チェック赤ちゃんにも使う飲料水なので安心安全なものが良い

チェックおいしいお水が飲みたいので種類や採水地にもこだわりたい

チェック仕事が忙しいので時短がしたい、重い水は持ち帰りたくない

チェック部屋に置くものなのでデザイン重視で導入したい

ですから、この5つのポイントを漏れなくカバーしているような家庭用ウォーターサーバーを選べば、理想のウォーターサーバーを購入することが可能だと考えました。

家庭用ウォーターサーバーを購入するとき注意する5つのポイント!

家庭用ウォーターサーバーを購入するとき注意するポイントは下記の5点です。

point1 費用を比較してみて、総合的にお水として妥当な費用か?

point2 赤ちゃんが使用することも考慮されて水の安全が確保されているか?

point3 水の種類は天然水?RO水?採水地はどこ?

point4 水の宅配はしてくれる?送料などはかかる?

point5 お部屋のインテリアとしてウォーターサーバーを選びたい!

これらを総合的に評価し、ランキング形式で紹介しているのがこちらです。
 ➝今すぐランキングを見てみる

Point1 費用

気になる費用は下記項目の料金です。初期費用、レンタル料、メンテナンス料、配達料は無料のところが多いのですが、そうでない業者も無きにしもあらずですから、チェックポイントとして覚えておくと良いでしょう。それぞれの業者のこれらの料金は業者の詳細ページをチェックしてください。

ウォーターサーバーの初期費用

ウォーターサーバーのレンタル料

ウォーターサーバーのメンテナンス料

ウォーターサーバーの電気代

水の代金

水の配達料

Point2 赤ちゃんへの安全性

最近では赤ちゃんへの安全性の確保は必須ですから、どの業者も安心して使えるのですが、どのようなポイントで赤ちゃんへの安全性が図れているのかというのはこちらの赤ちゃんや小さなお子さんのために選択したウォーターサーバーを参考してください。

また、赤ちゃんには軟水が良いとされています。赤ちゃんや小さなお子さんのために、水の種類、水の軟度にもこだわっていきたいものです。こちらウォーターサーバーの水の種類も参考にしていただければと思います。

Point3 水の種類・採水地

せっかくウォーターサーバーを購入するわけですから美味しいお水を飲みたいものです。天然水がオススメなのですが、業者によってはその天然水の中にも採水地によって種類が何種類かあります。好みに合った天然水を選びたいものですから、各業者の天然水をじっくり見ていきましょう。また、水にこだわらないのであればRO水でも良いと思います。これら水の種類や採水地に関してはこちらウォーターサーバーの水の種類も参考にしてください。

Point4 宅配について

全国のほとんどの地域で無料で配達をしてくれます。一部、例えば、北海道・九州・四国は別途かかってしまう業者もあるので、配達地域と配達料はそれぞれチェックしておく必要があります。重たいお水を配達してくれるというのは本当に便利です。今までペットボトルをスーパーで買って、重い思いをしながら運ばなくてはならなかった方は、本当にありがたく感じますよ。

Point5 デザイン

g4462

せっかくウォーターサーバーを置くのですから、デザインから家庭用ウォーターサーバーを選んでも良いでしょう。大抵はどの業者も、床からおける縦に長いタイプのロングタイプとテーブルの上にもおける小さなショートタイプを用意してあります。(そうでないところもありますから必ずチェックしておいてください。)小さなお子さんがいるご家庭でしたらロングタイプが良いかもしれませんし、2人夫婦で暮らしているのであればテーブルにおけるショートタイプが良いかもしれません。大抵はどちらも性能が同じように作られていますからデザインの好みで選ぶのが良いでしょう。

ウォー次郎の!ウォーターサーバー比較ランキング!!

 - ウォーターサーバーブログ