*

ウォーター・サーバーのメリットとデメリット

      2016/07/28

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

こちらのページでは、一般的なウォーターサーバーのメリット・デメリットをまとめました。

ウォーターサーバー導入したほうが良い?それとも見送ったほうが良い?あなたにとってはどちらなのでしょうか?是非チェックして見て下さい。

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのメリット

冷水・温水をいつでも適温ですぐに飲めるて便利

お水がおいしく安全性も高いので、料理などにウォーターサーバーの水を使うと最適。料理が美味しくなります。いつでもすぐに飲めるので便利です。カップラーメンを作るにはちょっと向いていないかもしれませんが、コーヒーやお茶はウォーターサーバーの温水で快適に飲めます。温水に冷水を混ぜてちょっと温度を落とせば赤ちゃん用のミルクも作れます。軟水であればペットに飲ましても安心です。どなたかが来客したときにも、水道水を出すことはないと思います。。が、ウォーターサーバーの水をお出しするのは格好良いです。

水を購入する手間が省けて重たい思いをしなくても良い

水はボトルに入っているのですが、業者が届けてくれるため、自分で重い思いをして自宅に運んでくる必要がありません。もちろん、ペットボトルの水を買い忘れてしまった。。ということはなくなります。夏などは、水のペットボトルで冷蔵庫が占領されていましたが、そういったこともなくなります。

災害などの非常時にも安心

ありがたいことに、今まで災害で被災したことはない土地に住ませていただいております。災害で被災した地域では本当に水不足で、大変苦労されていると思います。なるべく家で水を確保しておいて、緊急時にでも備えられる体制を作っておけるのが大きなメリットです。

ウォーターサーバーのデメリット

毎月費用がかかる

水だけの計算をすると、ペットボトルの水を買うよりも安くなっていたりします。しかし、ウォーターサーバーのレンタル代や電気代は毎月かかってくるものです。毎月消費する水の量にもよるのですが、こういったことを加味すると、もしかしたら水の代金がペットボトルの水を買っているよりも高くなる場合もあります。ちなみに、レンタル代が無料の業者も増えてきましたし、電気代も電気ポットを使用した場合と同等くらいの代金です。一概に高くなるとか安くなるとかは言えないのですが、毎月のランニングコストがかかってしまうのは確かなことです。

機器の設置場所やボトルの保存場所に困る

デザイン重視で買ってしまって、いざ設置しようとしたら案外大きくて設置する場所に困るとか、予備のボトルが以外に多くて保管場所に困るとか、予め注意しておかないとかえって生活が不便になってしまうこともありそうですね。

ボトルの交換が困る

大抵のウォーターサーバーでは、水の設置は上部になるため、水をセットする際にはボトルを持ち上げる必要があります。ボトルの設置位置の高さの差が、意外にボトルの設置のしやすさに影響します。あまり高い位置に重い水のボトルを持ち上げることになると、女性にはかなりの負担になってしまうでしょう。

ウォー次郎の!ウォーターサーバー比較ランキング!!

 - ウォーターサーバーの基礎知識