*

ウォーターサーバーの水の種類

   

天然水とRO水

ウォーターサーバーに使われる水の種類は、大きく分けると天然水とRO水の2種類に分けられます。天然水はよく聞いたりしますが、RO水というのは聞き慣れない名前ですね。こちらではウォーターサーバーの水の種類について説明します。

RO水

RO水は高性能のフィルターによって純水に近い状態にまでろ過された水のことを言います。高性能のフィルターをRO膜と呼ぶので、この処理をされた水はRO水と呼ばれています。このフィルターは高性能なのでミネラル分まで取り除かれてしまっているので、味はおいしいかと言われるとあまりおいしくはありません。そのため、人工的にミネラル分を添加して販売されることが多くなっています。採水地が特定されていませんし、人工的につくることができるので、天然水よりも低価格で提供されています。できるだけお水の価格を下げたいと思っている方にはオススメなのですが、個人的にはおいしさ重視なので自分は天然水を選択しています。

天然水

天然水は、特定された水源から採水された地下水のことで、自然の水になります。何百年もかけて自然にろ過されている水なので、水質もよく、水もきれいで、天然のミネラルも豊富です。だからおいしく飲むことができるんです。そうは言っても、私たちが口にしている天然水は、安全に飲める程度にろ過・加熱殺菌処理はされており、不純物は取り除かれていますから、安心して飲むことができます。毎日飲むお水ですから、おいしさにこだわって天然水をオススメします。

硬水と軟水について

硬水と軟水という言葉も聞いたことがあると思います。これは水の硬さから分類される水の種類のことを言います。水の硬さというのもピンときませんが、飲んでみると味の違いがわかると思います。この水の硬さ、すなわち硬度は、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値化したもので、カルシウムとマグネシウムがたくさん入っている水が硬水、少ない水が軟水になります。

日本の水はたいてい軟水です。採水地が日本国内であればほとんど軟水ですから、ウォーターサーバーに使われている天然水もほとんど軟水と思って良いでしょう。ヨーロッパの水の多くは硬水なのですが、日本人は軟水に慣れているので、硬水は苦いと感じることもあると思います。

水をおいしく飲むのであれば、日本国内が採水地である軟水をオススメします。赤ちゃんにとっても、硬水はお腹を下す原因になったり、内臓の負担になってしまうので、安心安全な軟水を選択するのが良いでしょう。

ウォー次郎の!ウォーターサーバー比較ランキング!!

 - ウォーターサーバーの基礎知識