*

ウォーターサーバーのメンテナンス

   

ウォーターサーバーを導入したのはいいけど、何かお手入れはしなくてはいけないのでしょうか?メーカーはどのようなメンテナンスをしてくれるのでしょうか?また、メンテナンスの料金体系はどうなっているのでしょうか?お手入れやメンテナンスに関することは、導入する前からは気づきにくい部分です。こちらのページではどういったお手入れやメンテナンスががあるのかを紹介します。導入前にもしっかりと把握し、不安のない状態でウォーターサーバーを導入したいものです。

ウォーターサーバーのお手入れやメンテナンスには、自分で行うものと、メーカーが行うものの2種類あります。

自分で行うウォーターサーバーのメンテナンス

自分で行うメンテナンスは、サーバーの種類によってお手入れの方法が異なることがあります。まずはサーバーの取扱説明書を必ず確認するようにしてください。セルフのメンテナンスは任意ですから、必ずしなければならないものではありませんが、水は私たちの体内に取り入れるものですし、水まわりは雑菌が繁殖しやすいので、定期的に洗浄するほうが衛生的にも良いでしょう。特に、ボトル周りや蛇口周り、受け皿などは汚れやすい部分でもあります。ボトルを交換するときなど、お手入れをするタイミングを決めておくと、定期的に掃除する癖もつき、ウォーターサーバーを綺麗に保つことができるでしょう。

メーカーが行うウォーターサーバーのメンテナンス

メーカーが行うメンテナンスは、メンテナンスの方法も、メンテナンスの料金の扱いに関しても、メーカーそれぞれによってかなり違いがあります。また、一部の部品の破損に関する取扱も、料金を支払うのかそうでないのかなど、メーカーによって異なるので、契約前には確認しておくと良いでしょう。メンテナンス料金が必要なのかそうでないのか。いずれにしてもメンテナンス自体があるのか、どのような方法なのかも確認しておきましょう。

ウォーターサーバーを丸ごと交換する方法

ウォーターサーバーを新しい機器と交換してくれるパターンです。全く新しい機器と交換してもらえるということで、摩耗や傷みなどの心配がありません。このタイプではだいたい2年に1回くらいが一般的でしょう。

ウォーターサーバーを分解洗浄する方法

ウォーターサーバーを定期的に引き取り、機器を分解してから内部の部品などの細かい部分を洗浄、殺菌してくれるメンテナンスのサービスです。このタイプではだいたい1年に1回くらいが一般的でしょう。傷んだ部分などがあれば、交換してくれるサービスもありますが、破損した部品は別途料金が発生する場合もあるので、確認しておきましょう。

ウォーターサーバーのクリーニング機能による方法

特別なメーカーによるメンテナンスがない替わりに、ウォーターサーバーにクリーニング機能が付いていて、その機能によりメンテナンスを行うパターンもあります。これにより、メーカーのメンテナンスがなくても、ウォーターサーバーを長期に使用することができます。

メンテナンス料金

メーカーのメンテナンス料金の扱いは、それぞれかなり違いがあります。1年単位で支払わなければならないメーカーもあれば、完全にメンテナンス料金が無料をなっているメーカーもあります。また、メンテナンス料金が無料になっていたとしても、購入すうる水の月額料金に含まれているメーカーもありますし、メンテナンス自体行っていないメーカーもあります。メンテナンス料金も考慮するとランニングコストは馬鹿にできないくらい変わるので、それぞれのメーカーがどのような形態をとっているのかはチェックしておきましょう。

ウォー次郎の!ウォーターサーバー比較ランキング!!

 - ウォーターサーバーの基礎知識