*

ウォーターサーバーで熱中症対策!こまめな水分補給で予防を!

   

7ee1b6084f7d9389f01893ef072bb8b8_s
最近の異常気象により、毎年真夏になると熱中症になる方がいらっしゃいます。熱中症は、高温多湿な環境に身体が対応できずに生じる症状ですが、その予防や対策としてもっとも重要なのはこまめな水分補給です。そういった傾向からか、ウォーターサーバーがあればこまめな水分補給も簡単にできますので、導入されている施設やご家庭も増えてきております。毎年熱中症で亡くなられる方も増加傾向にあるので、熱中症も他人事とは考えず、自分の身は自分で守る気で予防しなくてはなりませんね。

熱中症の予防・対策に重要な4つのポイント

1.水分をこまめにとる
これは熱中症対策の中で最も重要なポイントです。とにかく喉がかわいていなくても、こまめに水分を補給しましょう。スポーツドリンクなどのであれば、塩分や糖分も含んでいる飲料水になるので、水分の吸収もスムーズにできますし、汗で失われた塩分の補給にもなります。

2.塩分をほどよく取る
塩分の摂り過ぎはよくありませんが、全く摂らないのも問題があります。日本の通常の食事であれば毎度の食事で必要な塩分は摂取できているとは思いますが、大量の汗をかくときなどは、意識して塩分を補給すると良いでしょう。

3.睡眠を快適にとろう
日々ぐっすりと眠ることで休息がしっかりとれ、熱中症対策に繋がります。そのために、通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って快適な睡眠を取るようにしましょう。

4.年間を通して丈夫な体をつくる
バランスのよい食事、快適な睡眠、適度な運動。これらをしっかり行い丈夫な体をつくりましょう。体調管理は熱中症対策の第一歩です。

重要なのはとにかく水分補給です。何はともあれ水は持ち歩くようにしておくなど、すぐに飲める状況にしておくことが大切です。また、あまり水を飲まないという方も、水を飲むという習慣を付けることからはじめましょう!

熱中症の応急処置

下の図は、熱中症の対処方法(応急処置)として環境庁に掲載してあるものになります。

image4388
環境庁ホームページ

まず、熱中症かどうかの症状を確認し(check1)、意識があるかどうか確認します(check2)。自力で水が飲めるかどうか(check3)がポイントで、また、水分補給により、症状が良くなったかどうか(check4)も重要なポイントです。これからも分かる通り、熱中症の疑いがあった場合の応急処置においても水分というのは重要なポジションを占めています。

熱中症とウォーター・サーバー

熱中症の予防・対策として、ウォーターサーバーを導入している企業も年々増えてきています。外での作業はもちろん、工場や倉庫での作業でも40度を越える環境で仕事をしなければならない環境も多くあります。こういった状況で年々増加し続ける熱中症に対しても問題視されてきています。熱中症を予防・対策するにはこまめな水分補給が重要ですし、もし、熱中症になったとしても、その応急処置としても水分補給が重要になっています。

そういったこともあり、最近では現場にウォーターサーバーを配置して、いつでもどこにいても水分補給ができるように対策している企業が増えています。このことは、企業に限った話ではなくなりつつあり、ご家庭でもウォーターサーバーの導入が増加傾向にあります。

ウォーターサーバーなら、現場へ設置さえしておけば、いつでも必要な時に必要な分だけお水が飲めます。熱中症の予防・対策、応急処置に水分補給がいつでもできます。

もし、この記事を見ている方の職場やご家庭で、熱中症が心配される状況でしたら、ウォーターサーバーの導入を検討してはいかがでしょうか?

ウォー次郎の!ウォーターサーバー比較ランキング!!

 - ウォーターサーバーブログ